楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★の商品情報

過去3ヶ月の「 プリメイン YAMAHA 」の統計データ情報

「プリメイン YAMAHA」 に関する落札商品は全部で 29 件あります。

平均落札価格

16,466 円

最高落札価格

43,000 円

最低落札価格

990 円

※ 下記の件数、または棒グラフをクリックする事で、価格帯を指定した検索が行えます。細かい仕様に関しては下記の更新情報をご参照下さい。
分析機能について

対象オークション 「楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★」 は 「プリメイン YAMAHA」 を含む落札商品の中で、全29件中およそ 2 番目に高額です。

「プリメイン YAMAHA」 を含んだ関連性が高いと思われる落札商品

「プリメイン YAMAHA」 に関する落札商品をもっと見る

過去3ヶ月の「 YAMAHA 」の統計データ情報

「YAMAHA」 に関する落札商品は全部で 43,983 件あります。

平均落札価格

19,470 円

最高落札価格

7,986,600 円

最低落札価格

1 円

※ 下記の件数、または棒グラフをクリックする事で、価格帯を指定した検索が行えます。細かい仕様に関しては下記の更新情報をご参照下さい。
分析機能について

対象オークション 「楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★」 は 「YAMAHA」 を含む落札商品の中で、全43,983件中およそ 4,559 番目に高額です。

「YAMAHA」 を含んだ関連性が高いと思われる落札商品

「YAMAHA」 に関する落札商品をもっと見る

楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★の1番目の画像
  • 楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★の1番目の画像
  • 楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★の2番目の画像
  • 楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★の3番目の画像

楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★ の落札情報

  • 落札価格:
    41,500
    入札件数:
    67入札履歴
  • サイト
    ヤフオク!
    残り時間
    終了
  • 開始価格
    1,000円
    入札単位
    500円
  • 数量
    1個
    商品状態
    中古
  • 開始日時
    2018年3月22日 10時55分
    終了日時
    2018年3月24日 23時0分
  • オークションID
    p599130472

出品者情報|評価コメント

  • 出品者
    abenobu_1956
  • 非常に良い・良い評価
    447
  • 非常に悪い・悪い評価
    0
  • 総合評価
    447100% )

商品画像

  • 楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★の1番目の画像
  • 楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★の2番目の画像
  • 楽音♪YAMAHA【A-2000】プリメイン★こだわりメンテの逸品★6K★の3番目の画像

商品説明


♪♪ ご覧頂きありがとうございます ♪♪

YAMAHA(ヤマハ) Natural Sound Stereo Amplifier A-2000 の整備済完動品です。

当時発売価格 ¥189,000 (1983年)

 若き日の1970年代オーディオ全盛期には高嶺の花で手の届かなかった機器も40年も過ぎればようやく手の届く範囲、しからばと始めたジャンク再生作業も気が付けば70台超のアンプを整備し皆様にお届けして参りました。
 お陰様でこれまでさしたるトラブルもなく今に至っております。
 これまではCA-2000等を主にメンテナンスしておりメンテナンス項目・手順・方法も確立し、いつもほぼ同じメンテナンスを行っており「こだわりメンテ」と称して出品しております。
 「こだわりメンテ」は、新品時の特性・性能に戻すことを狙っています。
流石に約半世紀経過したアンプ類は各部品の特性も変化しており
・トランジスターではhfeの低下
・コンデンサでは周波数特性の劣化
・スイッチ類では接点の汚れ腐食による接触不良、接点抵抗の増大
と性能劣化の原因は様々です。
この劣化している部品をそのまま使用しても出音するよう修理することは容易に出来ますが所定の性能を引き出すことは不可能です。
「こだわりメンテ」ではこの3点のメンテナンスを行い初期の性能に引き戻しています。

 A-2000に関しては補修部品の手持ちもありませんでしたので手を出さずにおりましたが、A-2000の音色を聴くべくジャンク品を調達し、徹底的な調査研究と補修部品の補充を行い、こだわりのメンテナンス項目も決定し、6台目のレストア品を出品する運びとなりました。



◆こだわりメンテナンスメニュー◆
    ○終段パワートランジスターの特性チェック並びに放熱対策

    • 取り外して単品でhfe測定(Ic=200mA)し、手持ちのトランジスタを含めて再ペアリングし低ひずみ化を図っています。
    • 特性チェックのためヒートシンクより取り外しますので、再取り付け時にはシリコーングリスの塗布又はシリコーンシートを用いて放熱対策を施しています。
    • 本機では不良の終段パワートランジスタが多数ありましたので、下記の型番品のトランジスタで再ペアリングしています。
        B級用 2SA1265,2SC3182→代替品 2SA1186,2SC2837
          代替品にはSANSUIのアンプではお馴染みのLAPTシリーズの新品トランジスターを使用しました。
        A級用 2SA1328,2SC3345→オリジナルと同型品
          現品のトランジスターと手持ちの中古品を用いて再ペアリング
    ○各基板の再ハンダ処理

    • A-2000シリーズのパワーアンプ基板では、つくり込みでの弱点(コストダウンの後遺症?)かと思われますが必ずと言っても良いほどにハンダクラックが見受けられます。 これを見落として電源投入するとトランジスターの爆発、抵抗の焼損と手痛いしっぺ返しが待っていますので、この作業は手を抜かずに行っています。
    • A-2000をメンテナンスされている方のブログを拝見しますと、どの方も同様に再ハンダは必須項目となっております。
    ○コンデンサの振動防止用接着剤の除去

    • A-2000シリーズのパワーアンプ基板、イコライザ基板では大容量コンデンサをボンドで接着し振動防止を図っていますが、このボンドが吸湿することで錆、緑青が発生し断線、接触不良を引き起こしています。 また、このボンドと錆により再ハンダしようにもハンダがのらずハンダ付け出来ないものもよくあるケースです。この諸悪の根源のボンドを除去し再ハンダ処理しています。
    • A-2000をメンテナンスされている方のブログを拝見しますと、どの方も同様にボンド除去は必須項目となっております。
    ○小信号トランジスターの特性チェック

    • 差動増幅、コンプリメンタリーで使用するトランジスターは、取り外して単品でhfe測定(Ic=2mA)及びノイズチェックを行い、静特性の揃ったトランジスターに交換しています。
    • 本機ではパワーアンプ部の小信号トランジスター(複合FET、複合トランジスターを除く)を新品の同型番品を使用して交換しています。
    ○Phono・Rec・セレクタースイッチの接点クリーニング

    • このセレクタースイッチは、いずれの個体も接点部が真っ黒なっているものがほとんどです。これらの酸化物?等を除去せずに接点復活材を吹き付けても接点復活材の効力は十分に発揮できません。これらの酸化物?を除去したのちに防錆処理の意味で接点復活材を塗布しております。
    ○プロテクトリレーの接点クリーニング

    • リレーの接点は少なからずとも溶損状態になっているものが殆んどです。
    • 当機では、接点容量(10A)の大きいOMRONの型式G4W-2212P-US-TV5を試用を兼ねて取り付けました。
    • ブログで「リレーの接点に接点復活材を塗布しました」とかの記事を見かけますが、アークの発生を助長し接点の溶損に至る最悪の処置ですので決してなさらないように。
    ○MCアンプ・メインアンプ部のDCオフセット調整、アイドリング調整

    • サービスマニュアルで指定されている調整値で調整しています。
        MCヘッドアンプ  DCオフセット DC0V ±200mV
        メインアンプ   DCオフセット DC0V ±10mV
        メインアンプ   アイドリング A級 180mV ±10mV
        メインアンプ   アイドリング B級  15mV ±2mV
    ○フロントパネル、ツマミ、及び筐体内外のクリーニング

◆追加メンテナンス◆
    ○パワーアンプ基板の大容量電解コンデンサ交換

    • 不良のため新品のコンデンサに交換しました
    ○ボリューム類に軽微なガリがありましたので取り外しの上、接点クリーニング

    • ボリューム類の接点クリーニングは、薬剤洗浄→超音波洗浄→乾燥→接点復活剤塗布の工程で行います。
    • この超音波洗浄は、私にとっては必須工程でありこの工程を取り入れてからはメンテナンス後のガリは殆ど発生していません。
    • 出来ることなら取り外し分解などせずに、サクッと接点復活剤を吹き掛けただけで済ませたいのですが、半年もするとまたガリが発生するのは経験上分かりきっていますのでこの超音波洗浄はガリ除去の必須工程です。
    ○スピーカー端子の改造

    • このタイプのスピーカー端子はプラスチックのベース部が割れて陥没しているジャンク品を散見します。
    • 当機ではベース部がボロボロで再生不能でしたので、t=5mmのベーク板をベースに端子(バナナプラグ対応,5Φのコード対応)を取り付けました。
    • 一度セッティングしたら壊れる筈がないと思いますが、オーディオマニアの悲しい性かな?出したり引っ込めたりと忙しいものです。そのうちにぶつけて破損と相成りますのでご用心を。


◆外観状態◆

小さな擦り傷、当てキズはありますが、総合評価では美品の部類ではないかと思います。
  • フロントパネル、側板に小さなキズがありますが目立つようなキズでは有りません。

  • 背面パネルはスピーカー端子の部分に前オーナー様の苦戦の跡があるものの、錆の発生も無く良好な状態です。

  • 背面の取り付けビスは新品のビスに変えています。


◆製品仕様◆



◆付 属 品◆
  • ありません


◆商品の保証(到着後の不具合対応)について◆

 商品到着後より取引ナビの有効期間内(約3ヶ月)で、音が出ない、電源が入らない、ノイズが入る等の致命的な不具合の場合は再修理(修理不能の場合は返品、返金にて対応)にて対応させていただきます。修理費は頂きません。

 なお、再修理時の返送料は落札者様のご負担(元払い発送)とさせて頂きますが、返送された商品が落札者様の申告の内容どおりと当方が確認した場合は、落札者様へ返送時の送料を返金いたします。

 しかし、返品された商品に異状が認められない場合の返送時の送料は落札者様のご負担とさせて頂きます。

 また、商品の保証は落札頂いた方のみが対象になります。転売、譲渡された場合の保証はございません。
    (悪戯防止の苦肉の策ですので何卒ご理解の程お願い致します。)




◆入札される方へ◆
    ○新規IDの方及び評価で「悪い」が全体評価の5%以上ある方の入札はお断りさせていただきます。
     でも、どうしても入札に参加されたい方は、質問で入札への参加の意思表示をしてください。
    意思表示無しに入札された場合は、発見次第、即削除致します。
    ○お手持ちのCA-1000シリーズ,CA-2000,A-2000等の修理を御検討されている方へ
    オークションシステムの変更に伴うものと思われますが、質問欄へのメールアドレスの書き込みが出来なくなりました。そのため当方から返信することが出来ませんので、下記の要領にて当方の個人情報をゲットされます様お願い致します。
  • 質問で、トランジスター(2SC-1815-Yを1個100円で)の出品要請をしてください。
  • 出品要請を受けましたら出品しますので、こちらの商品を御購入頂き私の個人情報を入手した上で、相互に連絡頂ければ幸いです。(営利目的ではございません。落札金額の全額チャリティー募金とします。落札頂くと私も100円以上の出費となりますのでイタズラはご遠慮願います。)

★当商品は中古整備品です。
 新品ではございません。

 トラブル防止のため中古品の特性を理解されない神経質な方や悪い評価の目立つ方はご入札を控えてください。


(2018年 3月 23日 12時 37分 追加)

◆メンテナンス中に撮影した記録写真◆

悪戦苦闘の末、漸くYahoo boxへコピー出来ましたので御覧ください。

▲ ページトップへ

関連商品

現在見ている商品に関連した商品を表示しています。

楽天市場の関連商品

すべてのカテゴリ